Sony

ソニーグループサイト

新サービス開発向け要件定義​

新事業・サービス開発のリスクを低減

開発向け要件定義とは

新規で開発を行う際に、事業・サービス企画の内容をどのような方法で技術的に解決するかを定義することです。
要件定義がきちんと定まらないと開発途中での技術的な問題や、スケジュールが計画どおりに進まないなどの問題が発生してしまいます。そのような問題が起こらないようにするためにサポートいたします。

こんなお客様に

  • PoC開発フェーズに入ってから、技術的問題によるペンディングを避けたい
  • 時間とコストをかけたのにサービスとしてリリースできないのは避けたい
  • 企画していたとおりに実現できるのか、ある程度事前に把握したい

私たちがお手伝いできること

  • プロジェクトマネジメント、アプリケーション開発、プラットフォーム設計、ネットワーク設計の専門スタッフが要件定義を実施
  • やりにくい社内調整を代行、too muchな要件を最適なプランに
  • 企画に対してどのように実現していくか、技術的なアプローチ方法からプランニング
  • 開発規模とリードタイムを算出

技術検証(PoC)で問題がある場合は、事業・サービス企画へ戻り要検討。OKの場合は、次フェーズ(仕様設計、開発、トライアルサービス提供)へ進むことにより開発までの一括契約による後戻りできない状況を回避する。

技術検証(PoC)で問題がある場合は、事業・サービス企画へ戻り要検討。OKの場合は、次フェーズ(仕様設計、開発、トライアルサービス提供)へ進むことにより開発までの一括契約による後戻りできない状況を回避する。

まずはお気軽に
お問い合わせください

お客様のご要望・課題に専門スタッフが回答いたします