Sony

ソニーグループサイト

2019.10.15|ニュース

アプリ不要の「ブラウザARフォト」サービスをヴァンフォーレ甲府のJリーグ試合イベントにて開催

一昨年くらいから、現実を拡張して楽しめる「AR(拡張現実)サービス」をよく見かけるようになりました。
これらのARサービスは、従来は専用のアプリが必要で、ユーザーにインストールをしてもらわないと利用ができないため、ユーザーにとっては、利用のハードルが高いサービスとなっていました。

そこで今回、スマートフォンに入っている標準のブラウザだけで楽しむことができるARサービスを開発し、クライアントである「ヴァンフォーレ甲府様」のJリーグの試合会場にてイベントとして実施しました。

「ブラウザARフォト」サービスのイメージ

開催当日の様子

明治安田生命J2リーグ 第28節レノファ山口FC戦(2019年8月17日)
山梨中銀スタジアムにて「ブラウザARフォト企画」開催

ブラウザAR企画のために試合会場専用のQRコードを発行し、試合当日のマッチデープログラムに印刷、またはスタジアムにてプラカードに印刷して集客。
試合会場に来てくれた方への特典として、スマートフォンをお持ちなら、どなたでも簡単に当日限定の記念フォトフレームにて写真を撮る事ができるサービスを実施しました。

会場の声
  • 「試合会場でしか撮れない特別な写真が撮れて満足です!インスタにアップします」
  • 「好きなキャラクターが選べて楽しい!」
  • 「ARで楽しめて夏休みのいい思い出になった」
  • 「次回は選手でもやってほしい」

開催当日の様子のイメージ

開催当日の様子のイメージ

「ブラウザARフォト」の特長

導入のメリット

ARアプリ型と比較して、アプリのインストールが不要で標準ブラウザのご利用が可能なので、より多くのユーザーにご利用いただける機会が提供できます。
また、アプリの場合はApple/Googleの審査が必要でリリースのタイミング調整が難しいですが、ブラウザ型は更新も容易で、企画の自由度が高いです。アプリと比較して大幅な導入コストの削減も可能です。

ユーザーのメリット

普段ご利用いただいているスマートフォンですぐにご利用が可能で、アプリのインストールの手間が不要です。その場で、すぐに使えて楽しめることが大きなメリットです。

サンプル体験

右のQRコード、または下記ページからサンプル体験ができます。

  • ※QRコードがうまく読み込めない場合は(http://a.in-ar.jp/v3cy)にアクセスしてください。
  • ※試合当日の本番QRコード(URL)はこちらとは異なります。試合会場でご確認ください。
  • ※iPhoneはSafari、AndroidはChromeで起動してください。
  • ※利用にはブラウザでカメラの許可が必要です。
  • ※パソコンのブラウザでは使用できません。
  • ※お客様の端末環境によっては正常に動作しない場合もございます。あらかじめご了承ください。
QRコードのイメージ

サンプル体験QRコード

アプリ不要の「ブラウザARフォト」サービスは、イベントや展示会など様々な場面に応用可能です!
ぜひ、お問い合わせください。

まずはお気軽に
お問い合わせください

お客様のご要望・課題に専門スタッフが回答いたします